インスタグラムの始め方/ビジネス 文章編

前回までの記事でインスタグラムの重要性と初期設定や撮影の仕方のコツなどを紹介した。
今回は、文章の書き方を紹介する。
前回も紹介したが、大まかな内容は、”ポジティブ”や学び、共感があることだ。

また、人間性を出すために自己開示もしていく。

文章の最後には、読み手にしてほしいアクションを考える。
たとえば、ブログはこちら、Youtubeはこちら、など。

どうやって目立つか

インスタグラムで投稿したものの、誰にも見られないという状態はよくあると思う。
インスタグラムで見つけてもらう方法は、
検索ページかハッシュタグ からしかない。
そしてコントロールし易いのはハッシュタグだ。
人によって考え方が違うが、ハッシュタグは5~10個くらいが望ましい。
インスタグラムのアルゴリズムで多すぎるのはスパム扱いされてしまうし、何を言いたい投稿か判別できなくなってしまうからだ。

投稿時間

分析してどの時間帯に自分の投稿が見られているか把握すること。
また、ターゲットのスマホを見る時間帯を想定して投稿するのも大事。
何よりも、タグ付けを忘れないこと。
関連するアカウントのタグ付けをすることにより、シェアされることもある。

ストーリーの活用

投稿とはわけて、今伝えたいこと、気軽に伝えたいことなどを選ぶ。
ハッシュタグと位置情報は忘れずに。

コメント(Mention)

インスタグラムでは、一定の時間ごとのMention数が多いほど投稿の重要度が決定される。
コメントがもらえるような投稿や施策が必要となる。

ハイライト

ストーリーは最初の3~5人辺りはよく見られるが、それ以外はほぼ見られない。
なので頻繁に投稿しておくことで、フォロアーに露出する機会が増える。

製品の説明など、時間が長い動画はIGTVにする。

まとめ

ターゲットに合わせた時間帯に、共感できるような内容を投稿していく。
ストーリーと投稿は区別して、特性を理解して活用していく。
効率的に露出するように更新は頻繁に。

投稿者: emodrum

インドネシアはジャカルタで新規事業立上中、元たこ焼屋。 海外就職、現地採用、海外生活、海外ビジネス、ノマドの欲しがる情報 など紹介。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です