インスタグラムの活用モデル/ビジネス

さて、今までの記事でインスタグラムのビジネスへの活用方法を紹介したが、具体的にどんなモデルがあるのか紹介しよう。

アニメ・漫画系

こちらは癒しや共感、笑いを取りやすいコンテンツで、さりげなく製品PRなどがしやすい。

文章系

このコンテンツはビジネス系であれば学びや啓蒙、名言集などでは共感などが得られやすいです。
持続的に文章を発信することから、出版関連のPRに最適です。

モデルやアーティスト

憧れや感動を得られやすいコンテンツの為、製品の販売やブランド開発などに向いています。

自分のPRしたいものに合わせて、最適なブランディングをすることが大事ですね。

まとめ


今までに紹介したことを地道に続けることでファンが増えると、社会的信用度が増してきます。
ブルーバッチはその一つの証で、インスタグラムでバッチが取れればコラボやスポンサー連絡が増えるとされています。
目安としては1万人以上のフォロワーと言われていますので、地道にまずはそこを目指しましょう!

これらの情報はMUPで学べることの一部です。

投稿者: emodrum

インドネシアはジャカルタで新規事業立上中、元たこ焼屋。 海外就職、現地採用、海外生活、海外ビジネス、ノマドの欲しがる情報 など紹介。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です