バリ島のトレンドエリア、チャングーの魅力とは?お勧め観光地

インドネシアの観光地といえば未だに根強い人気なのがバリ島ですね!?

それもそのはず、2017年の大手旅行サイトの調査によるとバリ島は世界の人気観光地ランキングでなんと1位になったのです。

インドネシア在住の身としては今回のバリ島のランクインは非常に嬉しいニュースです。

しかし、バリ島の観光地が進み過ぎて魅力が下がっていると感じるのも事実です。

初めてバリ島に行く人は問題なく楽しめるでしょう、全てが新しく、海も空も料理も人もホテル、匂いですら新鮮に感じることでしょう。

しかし、何度もバリ島に行ったことがある人やインドネシア在住の人にとってはマンネリしやすいのも事実。

 

ではバリ島には新しい観光地や見どころはないのでしょうか?

 

いえ、あります!

今ここ数年で開発が進み新観光地となって、まさに今トレンド!新観光地として話題沸騰中の場所があります。

 

それがチャングー(Canggu)です。

チャングー(Canggu)? 初めて聞く人も多いかもしれないですね。

それほどここ最近開発が進んでいる新観光地ということなのです。

バリ島へ遊びに行きたいと考えている方は要チェックなトレンドエリアです。

今回は

チャングー(Canngu)とはどこにあるのか?

チャングー(Canngu)への行き方とは?

チャングー(Canngu)の魅力とは?

そういった形でバリ島のトレンドエリアチャングー(Canngu)を紹介したいと思います~

スポンサードサーチ

トレンドエリア・チャングー(Canngu)ってどこ?

バリ島で一番観光客に人気があるのはクタ・レギャンエリアなのですが、その北にあるオシャレエリア・スミニャックを更に通り過ぎた場所にトレンドエリアのチャングー(Canngu)はあります。

バリ島のスミニャックでコスパの高いお得な高級ヴィラ9つ

大体クタビーチから12,3㎞の距離です。

チャングー(Canngu)は良くも悪くもまだ発展しきっておらず、自然が残っている代わりに道路などのインフラは若干整いきれていません。

まあ、クタ・レギャンエリアの道路もそこまできれいではないですが(笑)

トレンドエリア・チャングー(Canngu)への行き方

バリ島の国際空港からの移動方法はいくつかありますが、トレンドエリア・チャングー(Canngu)までのお勧めの行き方は2つあります。

【過去記事】バリ国際空港からの安全な移動手段

タクシー Rp225,000
一番簡単なのはタクシーです、バリ国際空港のタクシーは前払い定額チケット制で、現在(2018念6月)の価格はRp225,000(約1,800円)です。

チャングー(Canngu)はスミニャックの北、と聞くと大分遠いイメージですが、実はそこまで離れていないんですよ。

白人の場合スミニャックからチャングー(Canngu)まで歩いたりしますからね(笑)凄い体力だ・・。

そしてグラブというタクシーアプリだと(Grab)Rp100,000~150,000くらいです。

タクシーより安いので個人的にはお勧めなのですが、アプリを事前にダウンロードして尚且つ現地の携帯番号を登録する必要があるので、海外を旅慣れてない方にはちょっと面倒かもしれません。

【旅おすすめアプリ】ジャカルタに来る前にDLすべき7選

もうちょっというと、一度登録するとタクシーがいないエリアにもGPSで個人タクシーを呼べるのでバリ観光の自由度が広がって結構お勧めです。

スポンサードサーチ

トレンドエリア・チャングー(Canngu)の魅力

トレンドエリア・チャングー(Canngu)を食す

チャングー(Canggu)ではクタ・レギャンエリア程ではないですが、多国籍な料理が食べれます。

バリ料理は勿論、オーガニックフードや豚料理、和食ですらあります。

チャングー(Canggu)に来て食事に困ることはないでしょう。

【グルメ】Cangguのトレンド・オシャレでヘルシーグルメスポット9選

チャングー(Canggu)でサーフィン

チャングー(Canggu)ではバリの他エリア(クタ・レギャン)などのように初心者にお勧めなサーフスポットとしても有名です。

Echo beachやBatu Bolong Beach辺りが特に観光客や初心者の方にトレンドな場所です。

チャングー(Canggu)で綺麗なサンセット

チャングー(Canggu)には多くのBarやレストランがあり、サンセットが見れる場所も非常に多いですので、16時頃からBarやレストランに待機してサンセットを見るという方も多いです。

特にビーチクラブはチャングー(Canggu)の中でもトレンドな場所です。

まあ、バリの西海岸だったら大体綺麗な夕日が見れますが、雰囲気が場所によって違いますね。

【ロマンティック】バリ島でサンセットが超絶綺麗に見えるビーチBar 7選(スミニャック、クタ・レギャン)

【夕日を見るならここ!】バリ島のチャングーエリアのお勧めスポット10選

チャングー(Canggu)でヨガ

チャングー(Canggu)には実は既に多くのヨガ教室があります。

トレンドな教室では非常に人気のあるインストラクターがいる場合もあり、普段ヨガを習っている人もそうでない人も勉強になるはずです。

バリにヨガを習いに来る人はウブドに行く人が多いと聞きますがチャングー(Canngu)で習うのもいいかもしれません。

チャングー(Canggu)でノマド

チャングー(Canggu)には実は欧州系のデジタルノマドが多いんです。

そして当然のようにそういった方向けのCo-working spaceが用意されており、実際Wifiのスピード等もバリの中でも速いです。

もしノマド的働きが出来るスキルを持っている方はチャングー(Canggu)に住むのはありだと思います。

 

特に、住居費用など固定費がバリの中でも安い方なので、日本の地方に住んでいるようなフリーランスの方はバリに来るのもありかもしれません。

 

個人で稼げる人は増えており、こういった働き方は一部でトレンドになりつつあります、もしこういった生活に興味あれば一度訪問して雰囲気を味わってみるのもよいかもしれません。

【バリ島でノマド】 チャングーでネット回線がめっちゃ速いスポット9選

トレンドエリア・チャングー(Canngu)の観光

タナロット寺院

海に浮かぶヒンドゥー寺院、それがタナロットです。

元々マジャパヒト王朝の末裔がバリに移り住んだ後にヒンドゥー教の僧侶ニラルタが仕え、いくつかの寺院を建設、その中の一つがタナロット寺院。

ニラルタはバリのヒンドゥー文化にカースト制度を根付かせた人物といわれ、儀式に聖水が必須であり聖水は祭司しか作れないという事実を作り自らの地位とカースト制度をより強いものに確立していった。

 

そんなことを考えながら訪問するとなにやら感慨深い場所である、すでに王道トレンド観光地だけども。

チャングー(Canggu)で乗馬

チャングー(Canngu)での乗馬はトレンドアクティビティの一つ。

乗馬ツアーがあるのでネットから申し込むのが一番安く簡単。
バリの山や海岸線を馬とともに進み日没を見るのは中々刺激であり美しい。

チャングー(Canggu)の日曜マーケット

チャングー(Canngu)では毎週日曜日に市場が開かれます。

一番有名なのはSamadi Marketですが、私のお勧めはLove Anchor Market.

というのは、ログハウスの中に市場が拡がり普通の市場と違った独特の雰囲気があるからです。

バリ島の他の観光地のように、トレンドになると混みますから行くなら今のうちかなと。

投稿者: emodrum

インドネシアはジャカルタで新規事業立上中、元たこ焼屋。 海外就職、現地採用、海外生活、海外ビジネス、ノマドの欲しがる情報 など紹介。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です