自分を変える為にまずするべきこと

前回の記事で日本の現状と未来について書きました。
危機感を持った人はいるかもしれませんが、

「結局どうすればいいの?」

という人も多いかもしれません。

今の自分に満足しておらず、自分を変えたい、成長させたい、でも方法が分からないという方はこちらを参考にしてください。

スポンサードサーチ

日常を変えて自分を変える

あなたが会社員なら、毎日の起きてから通勤するまでのリズムを書き出してみてください。
いつもほぼ同じではないでしょうか?
人は同じ生活リズムを繰り返していると変わりにくいものです。
ですので、どこかの生活パターンをまずは敢えて変えてみましょう。

例えば、いつもバスに乗っているのを徒歩に変えるとか、電車の時間を早くする、コンビニに寄るのをやめて駅のカフェで過ごすとか。

交友範囲も変える


大前研一も人が変わるには付き合う人、住む場所、仕事のどれかの環境を変えないと人は変わらないと言っています。
仕事と家庭以外のコミュニティを持つと考えが広がります、何故なら自社の常識は他社の非常識という言葉があるように、一定のコミュニティにいると新しい考えが生まれず、凝り固まってしまうのです。
会社は同じような境遇で入社している人が多いのでなおさらです。
中学から同じような道を歩んできた人たちだけと接するのはもったいないと思いませんか?
世の中は、想像以上に様々な生い立ちの人がいます。
次第にあなたの話せる領域が広がっていくのを感じるはずです。

スポンサードサーチ

まとめ

多くの人が、本気でやりたいことがない、やりがいのある仕事をしたいといいますが、そんなものはないと思っています。
思いこんでいる人はいると思いますが、天職かどうかは誰にも分かりません。
やりたいことをみつけるには、まずは情報がいります。
見識を広げるということです。
自分が知っていることとできることを増やすことが未来の選択肢を広げることになるのです。



これらの情報はMUPで学べることの一部です。

投稿者: emodrum

インドネシアはジャカルタで新規事業立上中、元たこ焼屋。 海外就職、現地採用、海外生活、海外ビジネス、ノマドの欲しがる情報 など紹介。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です