裏ジャカルタで風俗嬢達の現状/価格や仕組み、隠語の意味

今回は裏ジャカルタ事情をお届けします。

ジャカルタだけでなく、世界中大都市には必ずといってもある性産業ですが、ここインドネシアの首都ジャカルタは東南アジア最安の風俗市場といわれている程店が流行ってます。

日本人のイメージからするとタイのバンコクの方が風俗が盛んなイメージですが、価格だけでいえばインドネシアが最安なのです。

なぜインドネシア?と考えると”失業者数が多いから”というのが仮説です。

タイの駐在者に聞くとバンコクには道路で暮らす人が少ないので、ジャカルタに来たら驚いたと話していました。

また、私自身も殆どの東南アジアの国を旅しましたが、一番道端に失業者が多いのがインドネシアです。

恐らくですが、失業率や家族事情が関係しているのではないかと推察します。
そして、インドネシアの風俗はプロとアマチュア(素人)がありますが、素人の数が非常に多いと感じます

そう、風俗嬢達が自身で広告して、自分たちで直接交渉しているのです。

日本では法律で個人の風俗は禁止されている為、絶対に出来ないので海外慣れしてない日本人には驚きかもしれません。

しかしインドネシアでは、彼女たちは生きるために、またはお小遣い稼ぎのために体を売るのです。

学生の場合は昼は学校、夜は風俗という子も少なくありません。

ところで、風俗嬢達は主にどこで活動しているのでしょうか?

そう、ネットです。

今の時代SNSを活用して集客するのが一番効率が良い様です、風俗店を通さない方が自分の取り分(利益)も多いですしね。

インドネシアでPSKと呼ばれる風俗嬢達はソーシャルメディアの普及とともに増えているといっても過言ではありません。

今回はそんな風俗嬢たちがジャカルタでどうやって集客しているのかを紹介したいと思います。

スポンサードサーチ

風俗嬢が活動するSNS

ジャカルタで風俗嬢たちが活用するSNSはいくつかあります。

Twitter

匿名性が非常に高いソーシャルメディアで、拡散性が高いのが特徴。
通常はハッシュタグ付きで何かをツイートすることが多い。

Wechat

近所にいる人を検索できて、尚且ついきなりチャットできるので非常に多くのマッサージ嬢なども活用している。

本番行為がOKの場合はMassage++などと表現されている。

Tinder

全世界で一番流行っているマッチングアプリ、写真を複数枚表示することができるので、可愛い子の場合は非常に有効。

Lovely

Tinder同様のマッチングアプリ。

Facebook

全世界で10億人のユーザーがいる巨大サイト、風俗嬢たちはセクシーな写真を投稿し、ランダムに友達申請をしてあわよくば客を捕まえるというような手段を使っている。

Instagram

ご存知写真に特化したアプリで、風俗嬢たちはセクシーな写真や動画を投稿してフォロアーを増やしつつ”もっと詳しく知りたい方はこちら”のように自信の番号などに誘導する。

ジャカルタの夜遊び情報

風俗嬢たちが使用するキーワード

ジャカルタの風俗嬢達は大っぴらに宣伝するとまずいと考えているのか、よく隠語を使用します。

例えば、【BO】【pijat panggilan】とTwitterなどで検索してみてください。

かなり多くのツイートがヒットすると思いますが、これらは性感マッサージの隠語です。

風俗嬢たちはこの隠語に合わせて地域の単語も入れます、例えば【Jaksel】【Jakpus】【Jakbar】などでこれらは「南ジャカルタ」「中央ジャカルタ」「西ジャカルタ」等の省略です。

こうすることにより、客と風俗嬢がお互いに効率よく検索ができるというわけです。

参考に

BO:Booking Order
ST:Short Time
LO:Long Time

スポンサードサーチ

風俗の金額

例えば風俗嬢達と同伴のような形でデートする場合は50万ルピア(約4千円)~が一般的。

短時間セックスの場合は80万(約6500円)~が一般的で、長時間は150万(約12000円)~が一般的です。

ちなみに置屋の価格は3000円くらいからあります、こういった呼び出しサービスだと割高ということが分かります。

風俗の仕組み

風俗嬢達はSNSのプロフィール上に番号と価格を載せて、詳細は直接連絡するように誘導しています。

傾向として、若く綺麗な子ほど強気の価格設定、新人など信用度の低い子は、プロモ価格を設定しているようです。

支払いですが、頭金を要求する場合と一括で事が終了した後に払う場合もあります。

事前交渉が終わると指定の場所に行くか、または風俗嬢が自宅に来てくれます。

事が終わると風俗嬢達は客の感想をモザイクを掛けたうえでネット上に投稿し、自身の信用担保に活用することもあります。

 

完全攻略ジャカルタの夜遊び

スポンサードサーチ

風俗業界の現状

ジャカルタでは上述したようにSNSの発展とともに素人による風俗が発展しているように思えます。

例えばジャカルタのカリバタアパートという場所は、多くの風俗嬢たちが客を待つ部屋として活用してます。

また、最近ではネット上で集客している風俗嬢をまとめたサイトすらあります。

こういった背景には、インドネシア政府またはジャカルタ州の風俗取り締まり強化が影響しているという見方もあります。

政府はよかれと思って性産業を排除して、一部の支持者に大変な支持を受けているのも事実ですが、強制的に取り締まることで多くの人が職を失っているのもまた事実なのです。

インターネット上に風俗嬢個人が逃げ出す構図はこれからも続きそうです。

日本人女性がバリ島の男を漁って買っているという逆売春記事

まとめ

インドネシアの性産業、風俗嬢達の現状について紹介しました。

裏ジャカルタ情報といってもよいかもしれない情報ですが、ソーシャルメディアという表に隠語を使用して表で堂々と活動しており、警察も取り締まり切れていないのが現状です。

風俗嬢達にとっては中抜きされないので、ソーシャルメディアの活用は非常に魅力的ですが、どんな客が待っているかわからないので完全に個人で行うより、後ろ盾がある状態で商売するのを好む人もいるかもしれません。

客も同様で、便利な反面美人局に遭う可能性もあるので、女の子を選ぶときは慎重に、そして自己責任でということを忘れてはいけません。

投稿者: emodrum

インドネシアはジャカルタで新規事業立上中、元たこ焼屋。 海外就職、現地採用、海外生活、海外ビジネス、ノマドの欲しがる情報 など紹介。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です