マーケティング学習前に知るべきこと・スキル

マーケティングを学び仕事に活かしたい、または給料を上げたい、キャリアアップしたいなど様々な方がいると思いますが、事前に知るべきことがあります。

スポンサードサーチ

まず日本の現状把握と未来予測です。

高度経済成長期やバブル期の会社員は、大手会社に就職すれば終身雇用が約束されており、いかに良い大学へ入り、いかに大手の企業に就職できるかが将来の生活に影響していました。
しかし、現在は違います。
トヨタ自動車ですら終身雇用は無理といっていますし、数年前は就職人気ランキング上位ランキングだった企業が突如倒産または経営危機になる世の中です。

また、老後用に積み立てていた年金も、今の45歳未満の方は支払い総額よりも受給額が少なくなると確定しており、仕組みを変えなければならないのに問題が表面化した20年前から何も変わっていません。
更に、国は老後用に夫婦用に3000万円貯蓄してくれと頼む始末。
そんな中、新卒採用は企業にとっても負担でしかなく、中途採用やスキル重視の採用に切り替わっており、待遇の差もスキルにより開いていくでしょう。

こうした就職、老後問題に加えて、結婚や育児、介護の心配をしていかなければならない私たちの世代は果たしてこのまま働きつづけるだけで問題ないのでしょうか?

企業も社会も変わっている

更に労働人口が減っている日本では、多くの外国人を受け入れており、コンビニで外国人が働いているのも自然となってきました。
気付くと、実は外国人の方が英語も現地語が話せて、尚且つ勤勉化なのでスキルもあり、本社でも採用され始めています。
会社の上司が外国人ばかりになる日も近いのです。
その流れを押すように、大手だけでなく中小企業も縮小する日本市場から飛び出し海外へ展開し始めています。
すると、現地で活躍できるスキルを持った人材が必要になりますが、スキルが無くコストが高い日本人より現地人を管理職に採用するケースが増えています。

つまり、日本人の価値はどんどん下がっているのです。

スポンサードサーチ

日本の未来は・・

コロナ騒ぎで今までの生産性の悪さにようやく気付いた日系企業は、強制的にリモートワークが進み、今後無駄な会議はなくなり、無能は人材はカットされる方向に向かっています。
ここ海外でも、皆薄々気づいていたが、日本人がいなくても現地会社が運営できるのでコストの高い駐在員を削り、収益性を改善する流れになり、余計無能な日本人は行き場を失うでしょう。
更に言うと、AIの活用により、今まで当たり前だった職も代替されていきます。
昔当たり前だった電話交換手がまったくなくなったように、今ある職種も完全に消える方向にあります。事実、ラジオではAIが原稿を読み上げるところもでてきています。

まとめ

高齢化や年金問題、女性の社会進出、グロービス化への遅れ、英語を始め教育の遅れ、大学のレベル低下など、日本の社会問題は20年以上前から全く進歩していません。
つまり、政府に頼っていても助けれくれないのです。
なら、自分が変わるしかないのです。
自分がどこでも、いつでも活躍できるスキルを身につけるしかない。
本を読んでるだけでは身に付かない、現場に活かせる生きたスキルがいるのです。
それを次回から紹介します。




これらはMUPで学べることの一部です。

投稿者: emodrum

インドネシアはジャカルタで新規事業立上中、元たこ焼屋。 海外就職、現地採用、海外生活、海外ビジネス、ノマドの欲しがる情報 など紹介。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です