学ぶには学ぶ準備が必要/素養よりもスキル

世の中には意味のない節約をしている人がいます。
例えば、徒歩五分のスーパーで100円のリンゴが、徒歩30分のスーパーだと80円だったとします。
多くの方は節約!といってこれを買いに行きますが、これは節約なのでしょうか?
この人が時給800円のパートタイムをしているとします。
すると往復1時間で800円の機会損失をしていることになるのです。
月給30万円の方なら時給約1,700円なのでマイナス1700円です。

つまり自分の価値を知ることが大事ということです。

スポンサードサーチ

価値の生みだし方

世の中には人手が足りないとされている業種が沢山ありますが、全く待遇が良くならないのはなぜでしょうか?
例えば介護士や飲食の店員など。
それは本質的に、付加価値を生み出しにくい業種だからです。
しかし、一方でNYにいる寿司職人や高級ホテルのレストラン定員の給料は日本の同業種平均給与をはるかに上回っています。
何故でしょうか?
それは、寿司が握れて英語が話せたり、レストランで数か国言語が話せるなど本来のスキルの他にスキルがあるからです。
言語に限った話ではないですが、スキルを組み合わせてより高い付加価値を生み出すということです。

専門家x専門家


これは藤原和博さんがよくいっている100×100の方式で説明がつきます。
つまりある特定のジャンルで100人に1人の人材になり、それを2つ組み合わせると10,000人に1人の人材に、3つ組み合わせると100万人に1人の人材になれるという話です。
特定のジャンルに居続けることがリスクということが良くわかりますね?

スポンサードサーチ

まとめ

まずは自分の価値を知ること。
価値を知り、効率的で生産的な行動を心掛けること。
自分の価値を上げるにはスキルを組み合わせるしかない。



これらはMUPで学べることの一部です。

投稿者: emodrum

インドネシアはジャカルタで新規事業立上中、元たこ焼屋。 海外就職、現地採用、海外生活、海外ビジネス、ノマドの欲しがる情報 など紹介。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です