売上を増やす為の脳科学

数多くの経営者は売上・利益を伸ばすために試行錯誤していますが、いまいち良い施策が生まれず困っている方が多いと思います。

そこでお勧めしたいのが脳科学。
というのは、人はモノを買う時に、無意識に購入していることが殆んどです。
コンビニで買うコーヒー、そのために来店しましたか?
ガムなどもなんとなく購入してますよね?

また、人は店側が用意した選択肢を選ばされていることも実は多いのです。

その方法を紹介したいと思います。

不安を操る

不安には目に見える不安と見えない不安があります。
見える不安は顕在的なニーズです。
見えないものは潜在的なニーズです。

例えば、剥げてる人にはカツラや植毛などオススメするのは問題が健在的だからですよね?
しかし、例えばそこで頭髪チェックと一緒に口臭検査をしたらどうでしょうか?
臭いの数値を見せて、年齢からくる口臭の問題や、口臭があると車に乗った時や個室に入った時などに、問題がありますよね?
など実際に問題または問題になりそうな点を指摘してあげることです。

もしくは、朝ごはんを食べないほうが老化防止になる?
果物や野菜を食べないと肌がすぐに劣化する?
など知識を与えて不安をあおるのも同じです。

これはプロスペクト理論と呼ばれているもので、
”人は得より損したくない気持ちの方が強い”という理論です。

この講義を聞いたらあなたは成功します!
というよりも、
この講義を聞いておかないと、リストラされる可能性が高いです!
と言われたほうが響く、ということですね。

これが不安を操る脳科学。

脳内物質を操る

パチンコやキャバクラなどにはまる人はなぜハマるのでしょうか?
これは実は脳内物質が関係しています。
キャバクラにはまる人は、スキンシップした時に出る物質オキシトシンによりはまっているのです。
パチンコはどうでしょうか?たまに出ると嬉しさが増してしまうドーパミンが出ているのです。
成功が簡単だったり、ずっと失敗するだけだと人は飽きますが、たまに大当たりするのではまってしまうんですね。

これは握手会を実行しているAKB48が導入していたことで有名です。
ビジネス的には、ドーパミン戦略にシフトしていくのが正解です。

あなたはお店に操られていないと断言できますか?

ビジネスするなら操る側にならないといけませんね。


これらはMUPで学べることの一部です。

商品を売りたければ商品を売らない

あなたは何も考えずに継続的に購入している製品はありませんか?
それはシャンプーだったり、服だったり、飲み物だったり、カフェだったりするかもしれません。
なぜそれを購入し続けるのでしょうか?
なぜそこに通い続けるのでしょうか?
それが、ブランディング です。

ブランディングとは?


ブランディングはマーケティングのほとんどといっても過言ではない重要なスキルです。
ではまずブランディングが他の手法と何が違うのか比べてみましょう。
広告は不特定多数の人に、あなたの製品をとにかく拡散することです。
PRは特定の人との間接的な関係づくり。

ブランディングは、特定の人からあなたが好きと言ってもらえることです。

ブランディングと一言でいっても種類は多岐に渡ります。
例えば、会社のロゴや代表者などはコーポレートブランディングに当たり、
製品のパッケージやデザインなどはプロダクトブランディング、
キャッチコピーやストーリー、口コミなどはマーケティングブランディング、
販売方法や資料、顧客選定などはセールスブランディングになります。

顧客に好きになってもらわないと、価格勝負などに陥りやすく、結果利益低下に繋がり事業は長く続きません。


競合を作らない

競合はほぼ絶対にいますが、敢えて敵対する必要はありません。
競合が持っていない分野を把握して事業を始めることが大事です。

製品を売りたければ製品を売らない

単価の高い製品ほど販売に工夫が必要です。
例えばYamahaのピアノはその工夫が有名です。
Yamahaはピアノ教室を始めて、Yamahaのピアノに小さいころから触れさせて、将来このピアノが欲しいとか、この音がいいとか、この感触がよいとか、デザインが良いとかポジティブな意見に繋げているんですね。

つまり、製品そのものを説明するわけではなく、付加価値を伝えたり体験させることで結果高額なピアノの販売に繋げているわけです。

まとめ

製品を説明するのではなく、付加価値を伝える。

ターゲットに好きになってもらうようにブランディングしていく必要がある。

マーケティング学習前に知るべきこと・スキル

マーケティングを学び仕事に活かしたい、または給料を上げたい、キャリアアップしたいなど様々な方がいると思いますが、事前に知るべきことがあります。

まず日本の現状把握と未来予測です。

高度経済成長期やバブル期の会社員は、大手会社に就職すれば終身雇用が約束されており、いかに良い大学へ入り、いかに大手の企業に就職できるかが将来の生活に影響していました。
しかし、現在は違います。
トヨタ自動車ですら終身雇用は無理といっていますし、数年前は就職人気ランキング上位ランキングだった企業が突如倒産または経営危機になる世の中です。

また、老後用に積み立てていた年金も、今の45歳未満の方は支払い総額よりも受給額が少なくなると確定しており、仕組みを変えなければならないのに問題が表面化した20年前から何も変わっていません。
更に、国は老後用に夫婦用に3000万円貯蓄してくれと頼む始末。
そんな中、新卒採用は企業にとっても負担でしかなく、中途採用やスキル重視の採用に切り替わっており、待遇の差もスキルにより開いていくでしょう。

こうした就職、老後問題に加えて、結婚や育児、介護の心配をしていかなければならない私たちの世代は果たしてこのまま働きつづけるだけで問題ないのでしょうか?

企業も社会も変わっている

更に労働人口が減っている日本では、多くの外国人を受け入れており、コンビニで外国人が働いているのも自然となってきました。
気付くと、実は外国人の方が英語も現地語が話せて、尚且つ勤勉化なのでスキルもあり、本社でも採用され始めています。
会社の上司が外国人ばかりになる日も近いのです。
その流れを押すように、大手だけでなく中小企業も縮小する日本市場から飛び出し海外へ展開し始めています。
すると、現地で活躍できるスキルを持った人材が必要になりますが、スキルが無くコストが高い日本人より現地人を管理職に採用するケースが増えています。

つまり、日本人の価値はどんどん下がっているのです。

日本の未来は・・

コロナ騒ぎで今までの生産性の悪さにようやく気付いた日系企業は、強制的にリモートワークが進み、今後無駄な会議はなくなり、無能は人材はカットされる方向に向かっています。
ここ海外でも、皆薄々気づいていたが、日本人がいなくても現地会社が運営できるのでコストの高い駐在員を削り、収益性を改善する流れになり、余計無能な日本人は行き場を失うでしょう。
更に言うと、AIの活用により、今まで当たり前だった職も代替されていきます。
昔当たり前だった電話交換手がまったくなくなったように、今ある職種も完全に消える方向にあります。事実、ラジオではAIが原稿を読み上げるところもでてきています。

まとめ

高齢化や年金問題、女性の社会進出、グロービス化への遅れ、英語を始め教育の遅れ、大学のレベル低下など、日本の社会問題は20年以上前から全く進歩していません。
つまり、政府に頼っていても助けれくれないのです。
なら、自分が変わるしかないのです。
自分がどこでも、いつでも活躍できるスキルを身につけるしかない。
本を読んでるだけでは身に付かない、現場に活かせる生きたスキルがいるのです。
それを次回から紹介します。




これらはMUPで学べることの一部です。

Facebook広告の運用方法

Facebookの広告運用の前に、広告の仕組みと種類を紹介します。

まず一般的なのはスマホのタイムラインに出てくるニュースフィード。
一般的にクリック率が高いとされています。
デスクトップのニュースフィードもありますが、これは登録時に入力項目が多い場合などにむいています。

一番運用効率が高いとされているのは画面右側です。

Audience Network

これはFacebookとインスタグラム、その他グループのアプリにまとめて広告配信することができる機能です。
Facebookのターゲティング機能を使えるので、年齢や趣味、地域を限定できるので、効率が良いです。

課金方法

大きく分けて2つあります。
CPM(広告表示毎)とCPC(クリック毎)です。
現在多くの広告はCPCになってきています。

Facebook広告のターゲット

客の購買フローで考えて、SNSが関わるのはどのポイントでしょうか?
SNSは初期のアプローチの時点なのです。
つまり製品を知らない人、購買意欲が低い人がほとんどだということをまず知りってください。
情報収集してるだけの人たちに製品を認知させるか、ということで、いきなり販売するのはほぼ無理です。
具体的な方法はまた今度。

これらの情報はMUPで学べることの一部です。

今更聞けないFacebookのビジネス活用術

なぜFacebookを活用する必要があるのか?

まず知っておくべきことは、

言わずと知れた、世界で一番Uer数が多いSNS。
月間のアクティブユーザー数(DAU)は24億人
毎日使っている人:15億人

これだけでもFacebookを活用する理由になりそうですよね・・・?

ちなみに参考までにですが、日本のUser数は2,600万人とされています。


FaceBookのどこが評価されているか?

Facebookではシェア機能があること、基本的に実名で登録していることがビジネスに向いているとされています。
つまり、信用している人がシェアしている投稿で少しでも共感できる部分があったら、やはりあなたも拡散しちゃいますよね?
その連鎖が起きやすく、拡散し易いのです。



Facebookをビジネスで活用するべき理由

これまでの理由だけでも十分なのですが、更にお勧めしたい理由があります。
それはコストが掛からないということがまず第一です、無料ですから。
更にお互い基本的に実名登録しているので、酷いコメントを受けることが少ないです。
なので、企業サイトで炎上していると気が気でないと思いますが、そういったリスクが少ないSNSと言えそうです。

実際のFacebookの運用の仕方

まず、大事なことを言います。
なんとなくFacebookページはとりあえず持っておかないととか、
競合がやっているからやっておこうとか、
無料だし、気軽に適当に投稿していけばファンが増えるんじゃないとか

そういった考えだとまず失敗します。

多分、既に始めている人は痛感しているのでないでしょうか?
つまり、何を誰に発信するかということを決めておかないといい投稿になるはずもなく、誰も興味を持ってくれないわけです。

ではどうすればよいのか?
大まかにまず説明すると、SNSは基本的にコミュニケーションが大事ですので、グループなどを活用して双方向に交流できるようになることが大事です。
更に、プロモやキャンペーンとして「いいねボタン」を活用することでページの価値を上げると同時に、認知度を上げることができます。

投稿すべき内容

気を付けるのは、広告すぎる内容にならないことです。
一般のUserが圧倒的に多いので、広告色が強いと正直嫌がられます・・・。
なので、一般人の投稿のような内容を心掛けるのが大事です。

自身のページ評価を上げる方法

Facebookでは独自のアルゴリズムがあり、一定の法則に則った投稿が優先表示されます。
例えば、良くコメントやいいねをしている友人の投稿はよくあなたのタイムラインにでてきますよね?
また、いいねが多い友人の投稿は表示されていたりしませんか?
そして、新しい投稿はやはり優先されます。
これらを理解してSNS運用すると投稿へのリアクションが変わるはずです。

キャンペーンで評価を上げる

応募したら○○を10名様にプレゼント!というプロモがFacebookであると思います。
その条件の一つに、「いいね」をすることがあります。
これまでの話でお気づきだと思いますが、いいねが集まることにより投稿自体の評価があがり更に拡散されやすくなり、結果企業ページ自体の価値と認知度があがるわけです。
コストがあまりかからないのにかかわらず、広告効果が高いのでやり方次第ではとても効果的です。
たとえば、飛行機ならこの航空会社とか、正月の餅ならこのメーカーとか、消費者に意識付けするようなやり方がうまいやり方の一つです。

裏技投稿

360°カメラをご存じですか?
その映像の投稿は普通の写真投稿よりもCTRが高いのです。
まだ活用していない企業が多いので今から用意しておくのは得策です。
なぜなら、これから5Gの時代ですのでデータ処理も早くなりますので、遅延なく投稿をみれるようになり、より一層身近なものとなるでしょう。

こういった投稿をして自身のページ価値を高めてみましょう。

こういった情報はMUPで学べることの一部です。