TransJakartaの新路線はジャカルタの渋滞に有効?

ジャカルタの渋滞にまつわる話を連続で紹介します。
前回の記事で高速道路の工事の話をしましたが、今回は公共交通機関であるバスについての紹介です。

ジャカルタにはTransJakartaというバスが走っていて、Rp3,500(30円くらい)の安さから市民の貴重な移動手段となっています。
しかも、渋滞のあるジャカルタ内でも割と渋滞の影響を受けずに走れちゃうのがこのTransJakartaの良いところなんです!
どういうことかというと、専用レーンがあるんですよ。
基本的にそのレーンはTransjakartaしか走ってはいけないので、渋滞なく市内を走り回れることが出来るんですね。
まあ安いし早いので車内はめっちゃ混むんですがね(汗)

ちなみにバスにはこんな係が一人乗ってます。

通常トランスジャカルタは路線が少ないのが弱点で、結局小回りの利く小型バス(Kopaja)などに乗り換える必要があるんですが、その弱点を補うように、Transjakarta新しい路線が出来ましたので今回はその便利さを紹介します!!

スポンサードサーチ

新路線の概要

新しいTransjakartaの路線はジャカルタ市内のTendean-バンテン州タングラン市にあるPuri Betaを繋ぎます。
本来13か所あるバス停のうち、現在は6駅のみ利用できます。
2017年内には全ての駅を使えるようになる予定だとか(本当か?)
最終的にはタングラン市Ciledugまで路線を伸ばし総距離14.3㎞の路線になる予定です。

新路線のメリット

タングラン市民はいつも1-2時間かけて通勤・通学してましたが、この新Transjakarta路線の完成によって移動時間が30分に短縮されます。
また、今まで通勤に車やバイクを使用していた人がバスに切り替える可能性があり、交通量の緩和が期待されてます。

スポンサードサーチ

新路線のデメリット

高架の柱を立てたことで、何か所か下道が潰れた場所があります。
もしくは道路が狭くなったところがあり、結果下道が混雑するのではないか?ということです。

新路線の懸念

片側1車線なのでもしバスが故障したら通行止めになってしまう可能性があります。
その点、運営会社は牽引車をCipulirに待機させており、報告を受けたら即現場へ向かわせるとのことです。
(すぐに来ない気がとてもしますが・・・)

スポンサードサーチ

今回の路線の珍しいところ

実はこの路線、高架なんです。
前回紹介した2階建て高速道路と発想は同じですねw
こんな感じで高いので、階段を上るのが結構大変(笑)


お年寄りには結構堪えます・・・
現状バリアフリーには程遠い感じですが、エスカレータやエレベータを全駅に備える方向らしいです。

ちょっとした観光地に

ジャカルタの町を上空から見たことがない人は多いようで、わざわざ往復1時間のバスに乗って上からの景色を楽しむ家族もいるとか。
(チケット代は2倍なのかな?)

スポンサードサーチ

まとめ

上が快適でも下が渋滞になるかも?という不安な状態ですが、ひとまず様子を見たいと思います。
ジャカルタの渋滞が少なくなりますように・・・(10%くらいの希望)

投稿者: emodrum

インドネシアはジャカルタで新規事業立上中、元たこ焼屋。 海外就職、現地採用、海外生活、海外ビジネス、ノマドの欲しがる情報 など紹介。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です