チカランからジャカルタ間を早く、快適に格安で移動する方法

 

ジャカルタから工業団地まで安く行く方法はないのか?

結論、あります。

ジャカルタに一度でも来たことがある人は よくご存知だと思いますが、チカランは有名な工業エリアです。

そして、 ジャカルタで働いている 多くの人は 工業団地まで 仕事でチカランなどの工業団地まで移動します。

補足ですが、日系の工業団地が 集中しているエリアは チカラン またはカラワンというエリアです。

どのあたりかと言うと ジャカルタから 東へ 40km行くとあるのがチカラン、60kmほど行くとあるのがカラワンです。

なぜここに集中してるかと言うと 日系の自動車メーカーがチカラン、カラワンに集中していることが一番の理由です。

ということで 多くの日本人はチカランなどの工業団地までジャカルタから通うわけです。

それでは今回は、現在では多くの日本人家族が住む、チカランまでジャカルタから安く移動する方法を紹介します。

勿論、チカランからジャカルタの移動も可能ですので、興味ある方は読んでください。

ジャカルタで空港鉄道の乗り方/電車のチケットの買い方

“チカランからジャカルタ間を早く、快適に格安で移動する方法” の続きを読む

インドネシアの巨人!街で見かける変な巨大着ぐるみの意味は何?

 

インドネシアに来たことある人で、2m越えの着ぐるみを見たことないですか?

これです↓

 

インドネシアでよく見かける巨人着ぐるみの正体・意味ちょっとした巨人ですよ。

インドネシアでよく見かける巨人着ぐるみの正体・意味

インドネシアの街に大量に出現した様子をみるとまさに無垢の巨人のようです。

 

インドネシアでよく見かける巨人着ぐるみの正体・意味

この巨人をみて、あれって何なの?ってきっとインドネシアに来た人は誰もが思った思います。

インドネシアでよく見る巨大着ぐるみの正体

インドネシアでよく見る巨大着ぐるみの役目

インドネシアでよく見る巨大着ぐるみの作り方

この辺りを紹介したいと思います。

“インドネシアの巨人!街で見かける変な巨大着ぐるみの意味は何?” の続きを読む

断食中(ラマダン)にインドネシアの飲食店が栄える方法

インドネシア人の大半はイスラム教でして、毎年断食(ラマダン)がありますが、その間飲食店がどうなってるか知ってますか?

断食(ラマダン)というのは飲食店にとって本当に辛いイベントです…。

かくいう私も過去にたこ焼き屋などをしていたので断食中の苦しみは身を持ってわかっているつもりです。

そう、とにかく断食中昼間は売れない。

 

 

断食(ラマダン)が明ける18時頃から20時頃までは一時的に盛り上がりますがやはり売上としては下がります。

断食中(ラマダン)は厳格なイスラム教の方々の目が光る時期でもあるので、アルコール販売も非常に厳しくなり、売りづらくなるのもレストランやバーにとっては非常に辛いところ。

インドネシアの飲食店にとって断食中はただ耐えるしかないのでしょうか?

それとも断食中(ラマダン)も成功している飲食店はあるのでしょうか?

あるとしたらどうすれば断食中も売り揚げを維持できるのでしょうか?

その辺り現状踏まえて紹介します。

“断食中(ラマダン)にインドネシアの飲食店が栄える方法” の続きを読む

裏ジャカルタで風俗嬢達の現状/価格や仕組み、隠語の意味

今回は裏ジャカルタ事情をお届けします。

ジャカルタだけでなく、世界中大都市には必ずといってもある性産業ですが、ここインドネシアの首都ジャカルタは東南アジア最安の風俗市場といわれている程店が流行ってます。

日本人のイメージからするとタイのバンコクの方が風俗が盛んなイメージですが、価格だけでいえばインドネシアが最安なのです。

なぜインドネシア?と考えると”失業者数が多いから”というのが仮説です。

タイの駐在者に聞くとバンコクには道路で暮らす人が少ないので、ジャカルタに来たら驚いたと話していました。

また、私自身も殆どの東南アジアの国を旅しましたが、一番道端に失業者が多いのがインドネシアです。

恐らくですが、失業率や家族事情が関係しているのではないかと推察します。
そして、インドネシアの風俗はプロとアマチュア(素人)がありますが、素人の数が非常に多いと感じます

そう、風俗嬢達が自身で広告して、自分たちで直接交渉しているのです。

日本では法律で個人の風俗は禁止されている為、絶対に出来ないので海外慣れしてない日本人には驚きかもしれません。

しかしインドネシアでは、彼女たちは生きるために、またはお小遣い稼ぎのために体を売るのです。

学生の場合は昼は学校、夜は風俗という子も少なくありません。

ところで、風俗嬢達は主にどこで活動しているのでしょうか?

そう、ネットです。

今の時代SNSを活用して集客するのが一番効率が良い様です、風俗店を通さない方が自分の取り分(利益)も多いですしね。

インドネシアでPSKと呼ばれる風俗嬢達はソーシャルメディアの普及とともに増えているといっても過言ではありません。

今回はそんな風俗嬢たちがジャカルタでどうやって集客しているのかを紹介したいと思います。

“裏ジャカルタで風俗嬢達の現状/価格や仕組み、隠語の意味” の続きを読む

インドネシアで映画・ドラマ動画を観るなら超絶神アプリ3

先日インドネシアの首都ジャカルタで有名なBlok Mで大量にDVDを購入している人を目撃しました。

こ、このネットの時代にD, DVD!?

個人的に結構衝撃的でした、通りでジャカルタからDVD屋が無くならないわけだと。

多分DVD屋がインドネシアにまだ存在している理由は

1.ネット環境がインドネシアの各家庭で整っていない

2.インドネシアに出回っている殆どのDVDが海賊版でそもそも安い(1枚50円~300円とか)

3.インドネシア人の多くは毎月の自動決済手段がない(クレカがない人多い)

4.なんとなく?

一般的なインドネシア人の方がDVDを買う理由は多分上記の様な感じだと思うのですが、日本人はどうでしょうか?

インドネシアとはいえ、日本人が住む所はネット環境は整っていることが多いはずです。

クレジットカードも持っているはず、そして日本語字幕入DVDを買うより動画配信サービスは安いはず。

ということは、海外、特にインドネシアに住む日本人の一部は意外とサービスをよく知らないのでは?

という仮説に行きつきました。

有名な動画配信サービスは知ってるけど、映画っていつみるかわからないし、固定でお金を払うのはちょっと気が引ける・・

そんな感じかもしれません。

しかし、あなたがインドネシアで月に一本でも映画を観るなら多分ネットの動画配信サービスに登録した方が得です。
なぜなら

1.圧倒的に安い単価(見放題なので)
2.買いに行く手間が省ける
3.どこでも、いつでも見れる。
4.さっき見てたところからまた見れる。
5.映画やドラマの種類が豊富

ということで、インドネシアでお勧めな動画配信サービスを紹介します。



“インドネシアで映画・ドラマ動画を観るなら超絶神アプリ3” の続きを読む