断食中(ラマダン)にインドネシアの飲食店が栄える方法

インドネシア人の大半はイスラム教でして、毎年断食(ラマダン)がありますが、その間飲食店がどうなってるか知ってますか?

断食(ラマダン)というのは飲食店にとって本当に辛いイベントです…。

かくいう私も過去にたこ焼き屋などをしていたので断食中の苦しみは身を持ってわかっているつもりです。

そう、とにかく断食中昼間は売れない。

 

 

断食(ラマダン)が明ける18時頃から20時頃までは一時的に盛り上がりますがやはり売上としては下がります。

断食中(ラマダン)は厳格なイスラム教の方々の目が光る時期でもあるので、アルコール販売も非常に厳しくなり、売りづらくなるのもレストランやバーにとっては非常に辛いところ。

インドネシアの飲食店にとって断食中はただ耐えるしかないのでしょうか?

それとも断食中(ラマダン)も成功している飲食店はあるのでしょうか?

あるとしたらどうすれば断食中も売り揚げを維持できるのでしょうか?

その辺り現状踏まえて紹介します。

スポンサードサーチ

断食中(ラマダン)は皆なるべく動かない

インドネシアだけかもしれないのですが、断食中の方々はいつもより行動力がなくなります。

 

多分動くと腹が減るからです(笑)

 

断食中は皆夜明け前に起きてお祈りをして、ご飯を食べて、その後18時頃までは断食です。

厳しい人だとつばも飲み込んではいけないという人もいます。

断食中(ラマダン)はこういった厳しい状況なので、飲食店だけでなく、すべてのお店からやる気がなくなって、ゆるーい雰囲気が漂います。

 

 

ま、元からゆるい感じではあるので、更に。

 

そして、「みんな頑張ってるから私も頑張らないと!」

という、日本の「みんなで苦労して頑張る」に通じるような文化があり、みんなで断食を乗り越えようと団結するので、余計昼間は飲食店に人が寄り付きません。

断食中(ラマダン)は早く帰宅する

断食中(ラマダン)は多くのムスリムがいつもより早く帰宅します。

それは断食中(ラマダン)のお祈りが大事、特に1日の最後のお祈りが重要だからです。

また、家族と断食明けの喜びを分かち合うということもあるてしょう。

なので、皆仕事が終わるとすぐに帰宅し、帰宅途中で断食が明けたらすぐに食べれるように途中でちょっとした食べ物を買って帰ります。

つまり、いつも夜盛り上がる店も、皆早く帰宅するのでいつもより盛り下がったりします。

スポンサードサーチ

たまにはストレス発散する

断食中(ラマダン)毎日こんな生活をしていたらやはり苦しいのでしょうか、定期的に仕事帰りに友人と待ち合わせて一緒に断食明けを分かち合うことも多々あります。

断食明けにガッツリ食べすぎていつもより太る人も多いほどです。

 

また、企業では断食の終わりの時期になると、断食明けパーティーのようなものを開催することも多々あります。

いわゆる福利厚生のようなものですね。

年に一度会社負担で豪華なご飯が食べられるわけですからみんな楽しみです。

断食中に豪華なご飯を食べる、それ程食べることに悦びを見出すこともないかもしれませんね。

飲食店にとって断食中(ラマダン)はどうすればよいのか?

1つは断食が明けたときにすぐに食べれるような軽食を充実させること。

すぐに帰りたい人も多いので、テイクアウトできるものが望ましいです。

また、断食中(ラマダン)は多くの人々店で飲物が無料で出ることが多いので、そういった特典をつけることも集客上大事と考えられます。

2つ目は、友人や企業の団体客を取り込めるようにパーティーmenuを充実させておくこと。

というのは、企業の断食明けパーティーなどではブッフェスタイルがよく理由されますが、理由は豪華でメニューが多く、どんなメンバーでも楽しめるようになっているからです。

一人でも肉が食べれない人がいたら焼肉屋は敬遠されるでしょうし、ベジタリアンの人がいたら店は限られてしまいます。

そういった場合、豊富なメニューから選べるというのは非常に魅力的なわけです。

スポンサードサーチ

断食中(ラマダン)でも例外もある

 

インドネシアには所謂華僑系が多いエリアがあり、そのエリアのモールでは昼でも客が入ってたりします。

しかも豚骨ラーメン食べてたりします、イスラム食が薄くなってると言えますね。

先日ジャカルタから西へ30kmほど離れた場所に有るイオンモールへ行った際の様子がこちら。

昼でも客が入ってるローカル系ラーメン屋です。

そして殆どみんな豚骨ラーメンを食べてました。

でも周りの日系ラーメン屋はガラガラでした。

気になったのでそのラーメンを食べてみることに。

見た目はまあまあ

でも味は‥食べれなくはないけど深みがない感じ。

気づいたポイント

スープ熱い
スープ胡椒辛い
塩分少なめ
煮込野菜少ない(多分)
チャーシュー香ばしいが味抜けてる
卵は半熟だが味無し

なぜ売れるのか?

予想ポイント

飾り

とにかく日本っぽい要素を集めて飾り付けしてある。

メニュー

どでかい、視覚的に分かりやすい。

味?(これはインドネシア人しか分からない)

考察

断食中(ラマダン)でも流行るレストランはある。
例外で断食の営業を受けにくいエリアもある
ローカルに好まれる要素をマーケティングしないと華僑エリアでも売れない

個人的見解ですが飲食系に興味ある方、なにかの参考に。

投稿者: emodrum

インドネシアはジャカルタで新規事業立上中、元たこ焼屋。 海外就職、現地採用、海外生活、海外ビジネス、ノマドの欲しがる情報 など紹介。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です