インドネシアのECサイト、潜在市場データ【2016】

E-Commerce

EC market

インドネシアで起業する外国人は日に日に増えている様に思うこの頃。
中でも元手が掛からないインターネットビジネスはその最も多いビジネスの一つといって
よいでしょう。
今回は潜在市場が高いと言われる一つ、EC onlineビジネスについての調査紹介。

スポンサードサーチ

市場規模

インドネシアのECサイト市場は急激に伸びており、それを見込んでSoftbankやサイバーエージェ ントなど大手も投資しています。
では全体から見ていきましょう。
インターネットユーザー:22%(約5,300万人)

アジア全体のインターネットに興味がある人、欧州比較

EC market

インドネシアのECサイト市場成長率

EC市場成長率 インドネシア
ソース:Microad indonesiaより

こうしてみるとなぜかは分からないがアジアの方々はOnlineの時間が多く、尚且つコンバージョン率も欧州より高いことが分かります。
多くの外資企業にとって魅力的に映るわけだ。
これなら多くのECサイトがインドネシアにどんどんできている現状も納得できる。

ECに対する政府の規制

Undang-Undang Republik Indonesia Nomor 20 tahun 2008,
tentang Usaha mikro, kecil, dan Menengah
によると以下のようになっています。

インドネシアでEC会社設立

Negative listにより以前まで100%ローカル会社でないと設立できませんでしたが、
2016年現在では100%外資が認められています。
但しパートナーシップ要件を満たす必要があります。

スポンサードサーチ

パートナーシップ要件

パートナーシップ インドネシア

Nomor 17/2013によると内容は以下。
大企業が請負業者になり、中小企業は下請業者になる。
大企業は中小企業に商品やサービスを販売する権利を与え、中小企業は商品・サービスを
販売していく。
大企業は所有するが資金調達、中小はビジネスの実行。
中小企業は外資とのパートナーシップの為に合弁会社を設立する。

まとめ

すぐ実行する インドネシア 海外起業
この様に条件付きではあるがインドネシア政府はECサイト市場の成長を期待して珍しく外資企業
への規制緩和をしているので、もしインドネシアでアイデアがあるならば迷わず実行して
みてはいかがだろうか。
ちなみにECサイト市場調査の為のアンケートなんかもインドネシア人は割と書いてくれるので、データを取るのは日本と違ってコストはあまりかからないイメージです。
また、価格.comのタイムマシンビジネスはあるけど、オークションサイトというのはまだないので、誰か始めないかなと切望している。

emodrum

投稿者: emodrum

インドネシアはジャカルタで新規事業立上中、元たこ焼屋。 海外就職、現地採用、海外生活、海外ビジネス、ノマドの欲しがる情報 など紹介。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です