【フィリピンの治安】驚きの治安現状/ トランプを彷彿させる

ども、ジャカルタでたこ焼きのemoです。
今回はフィリピンの友人から聞いた面白話を少し。
目次
1.フィリピンの治安
2.新大統領の恐怖政治
3.市民の実際の気持ち
4.もくじ

1.フィリピンの治安

Gun_Enthusiasts_Gather_21st_Defense_Sporting_aq7e8pa7-F-l.jpg
まず一般的な所からいうと、フィリピンは銃社会ですので他の東南アジアの国と比べて治安が心配されることが多いです。
特に首都マニラでは、車で信号待ちしていた日本人がいきなりバイクから
発砲される、裏道でHold upされるなど恐ろしい犯罪が起きていますので
かなり注意が必要です。
なお、他にどんな犯罪が多いかというと


①イミグレ関係

気付いたら鞄に麻薬や銃が入っているというパターンです。
これの場合マジで逮捕されますので、皆さん自分の荷物は常に
肌身離さずもっていましょう。
ちなみに解決方法は金です、いくらとられるかわかりませんが
数十万円単位であると思われます。
②強盗関係

いきなり殴りかかられたり、刺されたりするパターンです。
恐らく後ろからなど不意を突いてくるパターンが多いので
常に周りに気を配って歩きましょう。
Hunter x Hunter なら”円”のイメージです。
③睡眠薬系

Barなどの酒に睡眠薬、もしくは麻薬を入れられるパターン。
barではかならずふた付きの酒を頼み、目の前で空けてもらいましょう。
僕の友人は可愛い子に家に招かれ、気付いたら外で寝ていたという
経験がありかなり怯えていました。勿論財布は空です。
2.新大統領の恐怖政治

7562916-3x2-940x627.jpg
そんな中やって参りました、新大統領ドゥテルテ。
元ダバオ市長の彼は、犯罪率の高かったダバオ市の犯罪を恐怖政治で
改善したという実績を買われて大統領になりました。
その彼が大統領になっていったことは、
「麻薬密売人は殺してヨシ」

ということで、大統領のお墨付きをもらった警察が麻薬密売人との
戦闘で殺しまくっています。(正当防衛化どうか微妙)
そんな強烈な体制になったことを受けて、
多くの密売人が密告を恐れて自首するような事態に・・・
勿論多くの人権保護団体などが”21世紀の処刑人だ”などといって
非難しています。また、強硬な体制は冤罪を生み出す危険性もあるとして
慎重論も出ていますが、ここではその議論は省きます。長くなるので。
3.市民の実際の気持ち

16359509382_4a17484b1d.jpg
そんな大統領を市民はどう思っているのか?
その思って友人何人かにメッセージを送ってみた。
「フィリピンにまた行きたいけど、新しい大統領が怖いからなー。」

すると、皆このように答えました。
「今ここはとても平和です。」
「大統領はいい男よ、彼に任せておけば大丈夫」
「全く問題ないわ、早くフィリピンに戻ってきて。
悪いことしなければ大丈夫よ(笑)」

と口を揃えて今の体制を褒めていました。
どうやら僕らが抱いているフィリピンのイメージと実際の市民感覚は違う様で
少なくとも彼らは以前よりも治安は改善している  と感じている様です。
これは僕の予想ですが、フィリピンの様に銃が蔓延してしまったような国、
そして麻薬も蔓延している状態ではきれいごとをいうリーダーでは
管理できないのではないかと。
そういう意味で、強烈すぎるくらいの現在の体制はフィリピンという国を
変えるきっかけになるのではないかと期待してしまいます。
4.もくじ

このドゥテルテに対する気持ちと似たような気持ちに最近なりました。
そう、アメリカ新大統領ドナルド・トランプ です。
彼の発言にはやはり問題があり、公の場で言ってはならないことが多くあります。
しかし彼は大統領になりました。
それはアメリカの問題を本質的に捉え、やり方はどうあれ変えていこうという
意思があったからだと思われます。
反対にヒラリー候補は基本的に保守的で、今までと同じやり方をしていく姿勢でした。
今までうまくいってなかったのにそのやり方をやり通すと言っている人と、
過激だが”変える”と言っている人だったら確かに後者に入れたくなる気持ちは
分かります。まあ、結果論で後からはなんとでもいえるのですが、
フィリピンのドゥテルテと共通しているのは
とにかく国が抱えている問題を解決する為にはこうすればよい!

という具体的な行動案と強い意志です。
よく評論家なんかは、うまく話し合って建設的に話を進めていかないと・・・
みたいな悠長なことをいっていますが、それで今までうまくいってなかったんでは
ないか? というのが国民の本音なんだと思います。
勿論独裁者を生まない為の監視は必要ですが、政治家に求められる資質は
揺るがない精神と強い決断力
なんだろうなあーとこの2人を見ていると思うのです。
その点、インドネシアの大統領は海賊に対しては強気ですが、
国内の法案は
「やっぱりやめた」

が多いのでまだまだ決断力が無いなあーと思ってしまし。
UDMC-Assembly.jpg
emodrum

投稿者: emodrum

インドネシアはジャカルタで新規事業立上中、元たこ焼屋。 海外就職、現地採用、海外生活、海外ビジネス、ノマドの欲しがる情報 など紹介。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です